<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

花の額縁3

今日はいいお天気でした
1日、イーゼルのペンキ塗り~

例の花の額縁
これを飾るイーゼルを作っています
花の額縁用に3個と
作ると聞いた生徒さんに頼まれてもう1個と
合わせて、4個~

高さが130cmぐらい
とってもシンプルなものですが
額縁が大きいので
置くところ、少し工夫しました

もうすぐ連休が始まるので
早く仕上げようとあせっています
別に急ぐものではないのに
間をあけることに罪悪感なんて
感じてしまうんです

とうので、一気に取り組んで
今日の私、とっても疲れています(^^)
かなりの倦怠感が体にずっしり~
今日はよく眠れそう

そうそう、額縁3が
出来上がっています
f0014980_231778.jpg

f0014980_2321691.jpg

古びたブロンズのようなベースに
バラを入れてみました
派手な印象のあるバラですが
このくらいだといいでしょう(^^)
[PR]
by c-obasan | 2012-04-27 23:03 | トールペイント | Comments(2)

いわさきちひろ展

昨日は兵庫県立美術館まで
「いわさきちひろ展」を見に行ってきました
f0014980_23515130.jpg

こども、特に赤ちゃんの絵は
彼女の右にでる人はいないでしょう
迷いのないシンプルなひと筆が
見る人を優しい気持ちにしてくれます
f0014980_23523246.jpg

あのやわらかく、体温を感じるような絵は
幸せな人が描いたに違いない
そう思っていましたが
いわさきちひろと言う人
そんなにも
めぐまれた一生ではなかったようです

亡くなったのが、55才
これだけでも 早すぎる

決して恵まれてはいなかった生活の中
無垢な子供たちを
悩みながら、苦しみながら描くことで
平和の大切さ、命の輝きを伝えたかったのでしょう
しあわせな人ではなかったことが
ますます私をひきつけます

娘が生まれたとき、
いわさきちひろの絵にあこがれて
ちひろと名付けました
昨日24日は
私のちひろの誕生日(^^)

あなたは、一生懸命生きて、絵を描いて
見るひとを今も幸せにする
いわさきちひろと、同じ名前(^^)








「世界中のこども、みんなに平和としあわせを」
[PR]
by c-obasan | 2012-04-25 23:52 | ひとり言 | Comments(0)

花の額縁2

暖ったかくなりましたね
このまま暖ったかくなるのかしら~?

今日は
長袖のTシャツ一枚で過ごしました
春の訪れは嬉しいですが、
その先の夏の暑さが頭に浮かびます
すぐに暑くなりますもんね
いい季節はあっと言う間~

花の額縁の二つ目が出来上がりました
f0014980_22443582.jpg

フレンチカントリーとでもいいましょうか(^^ゞ
白っぽいベースにツタを入れましたが
どうも描きすぎた気がします

飾った花が死んじゃうかな(^^)

今日はホームセンターに木を買いに出かけました
花の額縁を置いておくイーゼルに使う木です

ところが、お目当ての木は在庫切れ~
よくあるんですよ
〇〇〇〇ホームセンターさん~
せっかくやる気になってるんですから
気力をそがせないで下さいね
[PR]
by c-obasan | 2012-04-23 22:45 | トールペイント | Comments(0)

花の額縁1

三田では、桜も終わりに近づいて
花びらが
そこら中、舞っております

この1週間は桜三昧の日々でした
三田は桜だらけです、
見渡せば、花見の出来るところはいくらでも~
月曜日と、水曜日
2日間もお花見をしました

お弁当こそ食べませんが
道を歩いていると、アチコチで
桜が目を楽しませてくれます
つくづくと、日本人は
桜という花が好きなのだと感じます


桜はあまり好きではありませんでした
別に嫌いではないのですが
他の人ほどの感動がなかったような

以前はです
今は、桜を見ると
ときめきます
桜が目にしみて、次には
心にまで沁みこんでくるのです
綺麗だという感情が、
アップグレードじゃなくて
グレードアップしたような(^^)クスッ

これって、年のせい?
だとしたら、年をとるのは捨てたもんじゃない

さて
話は桜三昧の前に戻って
前に書いてた、押入れたんすの引き出し
何になるのでしょう?


答えは、花を入れる額縁
額縁の中に生花や、鉢花や、アレンジメントでも造花でも
なんでもいいのです、そんな花の入れ物

木目を生かしたもの
f0014980_2321216.jpg

白っぽいもの
f0014980_23215642.jpg

ブロンズのはげたようなもの
f0014980_23222229.jpg

そんな3種に、まずは色を塗ってみました

はじまりは、木目を生かしたナチュラルカントリー
f0014980_23234063.jpg

なんとか、1つ目の出来上がり~♪
[PR]
by c-obasan | 2012-04-20 23:24 | トールペイント | Comments(2)

根尾の薄墨桜

今回の花見バスツアーに一緒に出掛けた友人
以前ガイドの方から
根尾の薄墨桜は素晴らしい~と
進められたそうです

そんなことが、今回のバスツアーに
参加するきっかけです

そしていよいよ
薄墨桜の咲く根尾谷に到着~♪

出店が並ぶ坂道をしばらく歩くと
広い平地になります
その中心部に薄墨桜はありました
f0014980_03890.jpg

この日は5分咲きとか
そのせいか、花がまばらな感じです
やけに支柱が目立ちます
でも大きい~
この大きさが1500年の歴史なんだと
しっかりと見上げて、目に焼き付けました
次はいつお会いできるかわかりませんから~(^^)

張られた柵に添って少し歩いて
再び見上げた薄墨桜にびっくり
木がすごく立派に見えます
少し離れた所に薄墨桜2号があるのですが
ある場所に来ると、2号の枝ぶりとと重なって
ますます大きく、雄大に見えるのです
f0014980_053513.jpg

物事は1方向から見てはいけませんね

この桜、昭和20年代
枯れる寸前までいったそうです
その後多くの人の努力の作業で
今のように持ち直したとか~
人々の助けたい
まだまだ咲かせたいとの思いがいっはい詰まった桜なんですね

これから薄墨色の花びらとなって
今年の花が散り、また来年花をいっぱい付けて
そしてまた散って、またその来年咲いて
いつまでもいつまでもこの花の道が
ずーっと遠い未来まで繋がっていくんですね、

残念なのは、
満開の薄墨桜が見たかったな・・・・・・
散り際の薄墨色も見たかったな・・
[PR]
by c-obasan | 2012-04-18 00:05 | ひとり言 | Comments(2)

お花見です「霞間が渓と竹中公園」

旅はバス旅行が一番~
最寄の駅から、バスに乗って
現地まで運んでくれて
お食事も用意してくれ、
アルコールをとっても大丈夫
帰りはまた最寄の駅まで届けてくれる
ということで
15日の日曜日、根尾谷の薄墨桜を見にに行ってきました

前菜は霞間が渓の桜
f0014980_8401427.jpg

山には山桜が、そして麓に1500本の桜が
今がちょうど見頃に咲いています
渓谷一体の桜の開花が
遠くからは霞がかかっているように見えるので
霞間が渓と名づけられたそうです
ちなみにこの漢字、「かまがたに」と読みます

次は竹中公園
平成の花咲かじいさんこと竹中義雄さんが奥様といっしょに
6年ががりで山に桜などの苗を植え整備した公園
急な斜面のこの山にコツコツと苗を植えていった
竹中さんご夫婦の努力に頭がさがります
f0014980_8412687.jpg

一本一本苗を植えながら、頭の中には今の竹中公園を
イメージしていたのでしょうね
記念館にあった公園の開園式には
真ん中にちいさなおじいさんとおばあさんが写っていました

ありゃりゃ、ヨガに出かける時間が近づいてきました
メインデッシュの薄墨桜はまた明日にでも~

ヨガが終わったらお花見です
三田では今が桜満開~♪
[PR]
by c-obasan | 2012-04-16 08:43 | ひとり言 | Comments(0)

三田今だ桜咲かず(^^)

4月となりました
今日は週に1度のヨガの日
4月9日ともなれば、桜の見頃に違いないと
教室が終わってから、花見の予定でした
・・・・・が
三田では桜はまだ咲かず(^^)
今年は例年より遅いようです
なので花見は来週ということに~♪
楽しみは後回しに
よそに桜が無くなった頃
三田では、満開の桜が楽しめるのです
これってなかなかいいかも(^^)

帰り、桜の木を見上げげると
蕾が明日にでも咲きそうにふくらんでいます
f0014980_23492066.jpg


トールと言えば、・・・・・ガチョ~ンです、古っ(^^ゞ
何も出来ず日ばかり過ぎる
言い訳は
2年前に亡くなったおじいちゃんの部屋のお片づけ
やっと最後になりました

思い出のある品も、大切にしていたものも
その人が死ねばほとんどが
ただの物となります
残されたものがそれを処分するのは大変
おじいちゃんの
それ捨てたらアカンの声が聞こえるようで(^^)

使ってもらえる人がいたらもらってもらったり
リサイクルに出したり、
沢山のものが燃えるゴミとなりました

大きな家具は市のクリーンセンターに出しましたが
ほどほどのものは
ジクソーを使って自分で分解
そんな中で残しておいたコレ↓
f0014980_2344744.jpg


これ、押入れダンスの引き出しです
ひらめいて残しておくことにしました
小さなものなら、取り合えず置いておくのですが
これはもうじゃまになりそうなので
作業開始です
ヒントはコレ
f0014980_23453130.jpg

さてさて、何になるでしょう(^^)

そうそう今回の片付けでの教訓です

死んだら大切に集めていたものも何もかも~
あの世にもってはいけません
残された人が困らぬよう
出来るだけ自分で処分しましょう(^^)
[PR]
by c-obasan | 2012-04-09 23:49 | ひとり言 | Comments(4)