<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ゴールデンウィーク突入

ゴールデンウィーク、始まりましたね

初まりは主人の妹の宿泊、
勉強の為の大阪でしたが、久しぶりにゆっくり話ができました
今日主人は
有馬富士公園でのイベントで紙芝居
「おもちゃ箱」という仲間達と実演です

私は明日の「高齢者のつどい」の準備
チューリップのメモ立てを作ります
スムーズに進むように、準備万端にしなきゃいけません(*^。^*)

明日の夜は
大阪にいる娘が帰ってくるそうです
リクエストメニューはネギ焼き~
ネギとブタバラを焼いた簡単なものですが、
これが美味しい~、醤油マヨネーズで食べます

後の予定はなし、何しましょう~
のんびりと時間が流れていきそうです
少しはお絵かきでもしましょうか~♪

絵の画材になりそうなルナリア
思いがけなく芽を出してくれたルナリア
たった1本ですが、湧き芽を沢山出して
花も沢山付けてくれました

f0014980_12301754.jpg


近寄ってよーく見てください

f0014980_12313430.jpg


小さな種の子供、ベッタンコなのができているでしょう
花は普通の花なのに、どうしてこんな形の種になるのか
不思議、ふしぎ~
今年は失敗しないように、そーっと皮をはがしたいな(^^)
誰か破れない皮のはがし方、教えてくれないかしら~

ラグラスもいっぱい咲いています
3年ほど前、宝塚で買ったミニラグラス
この房をちょいとほぐして土の中に埋めておくと
ホボ100パーセント発芽します

f0014980_1232252.jpg


綺麗な色のドライフラワーにするのは
早い時期にぶら下げてるのに限ります
初々しい、目が笑うような優しい色のドライフラワーができます
私はこうしてつるして、ひとつひとつの根元に
レースのリボンをつけるのがお気に入り

f0014980_12324646.jpg


そうそう、ラグラスの別名は「バニーテール」って言います
うさぎのしっぽ~
こゆきちゃんのしっぼと似ていますか? "^_^"クスクス
[PR]
by c-obasan | 2007-04-30 12:33 | ひとり言 | Comments(2)

混色講座(6)-青

今日の色は(青)です
恐怖のネイビーと呼んでいます(^^)
この色、ひどく主張する色で、少しの色で青の世界に引っ張り込みます
(青)を使う時は、くれぐれも少しづつ、
これを忘れないでください

f0014980_22574287.jpg


(青+白)、これで水色になります
空の色ですね、普通空色というのは緑がかった薄青と思うので
少し黄色を加えます、さらに白を加えると
きれいな空色ができます、出来ましたか~(^^)

私が絵を描くときは、このままだと鮮やか過ぎる気がします
そんな時は少し茶を加えてみます

f0014980_22582144.jpg


(青+赤+白)(1:1:2)は青紫です
前述したように青は主張する色なので
青と赤が同量だと、青が勝って青紫になります
ということは、赤紫が欲しい時は赤を思ったより沢山加えればいいわけです

f0014980_22585133.jpg


青緑という色があります、私の大好きな色の1つです
(青+黄+白)でモチロン作る事ができます
でも私は(青+緑+白)で青緑をよく作ります
黄色を使うより綺麗な色かな
緑の強い青緑は緑を沢山入れて作ってみてください
茶を加えると、落ち着いた色になります

f0014980_2312410.jpg


次は(青+こげ茶)です、色で言えば、プルシャンブルーに近い色
(青+茶)よりは冷たい青でしょうか、色をわかりやすくする為に
白を加えてみてくださいね

私は(黒)という色をあまり使いません
(青+こげ茶)のこげ茶の多い黒っぽい色を黒の代わりに使います

(青+橙)は今回サンプルには作っていませんが
橙には黄色が入っているので、また違った不思議な紫ができます
是非試してみてください
[PR]
by c-obasan | 2007-04-26 23:01 | カントリーおばさんの混色講座 | Comments(6)

混色講座(5)-赤

「赤」の色を使っての私がよく使う混色を説明します

f0014980_23575324.jpg


まず(赤+青+白)の紫です
今回の場合は赤紫です
青の説明の時に詳しく書きますが、赤を基調にした紫を作る場合は
青はごく少なく、少しづつ加えて混ぜ合わせてください
写真の色見本は(赤+青+白)(2:1:2)
色を落とす場合、茶を加えると前回に説明しましたが、
紫の場合は私は茶はあまり入れません
さらに暗い紫や、アンティークな紫を作る場合は茶をいれて調整します
できた紫に茶も加えて色合いを見てくださいね

f0014980_23581129.jpg


次は(赤+黄)です
明るい赤が欲しいとき、この混色をします
黄をどんどん加えていくと橙になりますが、基本色の橙とは少し違います
黄色の調整がしたい時はこの組み合わせをしてください
これに白を加えると柔らかいピンクになります

f0014980_23583647.jpg


(赤+緑)、この組み合わせは色相環という色の輪の中で
反対側に位置する補色関係の組み合わせです
混ぜると黒に近いねずみ色になります
(赤+緑)(1:1)だと濃い赤に(赤+緑)(1:2)すると黒に近い色になります
白を混ぜるとくすんだ桃色になりま(注/写真の桃色は紫のように見えますが
実際は赤よりの桃色です)

f0014980_23585686.jpg


(赤+茶)の組み合わせです
私は桃色(ピンク)をこの組み合わせでよく作ります
桃色は(赤+白)で作ると派手な桃色になります
茶の割合を多くして(赤)を加えると落ち着いた桃色になります
さらに柔らかくと(黄)も加えたりもします
同じ意味で赤の代わりに橙を使うこともあります

★(赤+茶+白)の白の割合を少なくして出来る濃い色を
シャドウ(影)として使います

f0014980_23592614.jpg


(赤+こげ茶)です
この色もエンジ色として使います
これに似た色は(赤+緑)等でも同じような色目がでますが
こげ茶を加えるとこによって定着がよくなります、
よく使う色のひとつです

手元にアメリカーナエンジの色が2色あるので
この組み合わせで同じような色を作ってみました
★まずはDeep Burgundy
(赤+こげ茶+青)(1:1:少量の青)

★次はRookwood Red 
(赤+こげ茶)(1:3)

この他にもお手持ちの赤よりの色があれば
いろいろ試してみて下さい。
[PR]
by c-obasan | 2007-04-23 16:44 | カントリーおばさんの混色講座 | Comments(5)

混色講座(次回からの説明)

10色の色の組み合わせ、
1色がそれぞれと組み合わされても9組
それが10色で90組
2色だけの組み合わせは少ないのでそれぞれが3色の組み合わせ、
4色となっていくと算数の苦手な私など
たちまちパニックです(^^)

それにそれぞれの色の分量(比率)など変えて行くと天文学的数字~
そんなこと考えると混色なんて、頭が痛くなりますが
ですが、
心配しないでください、私は単純です
考えようによっては10色しかないのです
これしかないと考えると
おのずと使う組み合わせも決まってきます
たぶん混色の上達は
馴れるまでは、この10色しかないと思うことです
組み合わせ、絵の具の比率により色合いは揚々に変わって行きますが
10色しか使わないということで、色と仲良くなります
それぞれの色の特徴が頭の中に記憶されます
しっかり基本色と仲良くなれば、
あなたの沢山の絵の具を使ってもそれなりの仲良いお付き合い
できるようになる気がします

次回から色別に私がよく使う色の組み合わせを説明する予定です
赤と青を混ぜれば紫なのですから、
赤の説明の時に赤+青、青の説明の時に青+赤と同じ色の組み合わせが
だぶることになります、
これはすべての色でおきる現象ですが、
その色の色相を中心に説明することと理解してください

色の混色はできるだけ写真にとってアップしたいと思っていますが
ご存知のように、色というものは正確にはでません
写真に撮り易いように白など多めにいれることになると思いますが
臨機応変に対処してくださいね

最初の色は「赤」です(*^。^*)
[PR]
by c-obasan | 2007-04-19 22:42 | カントリーおばさんの混色講座 | Comments(2)

無事生還ヽ(^o^)丿

運転免許を取った息子の隣に乗る事になった
免許をとって3ヶ月、初運転である

母親ではあるが、息子と心中はしたくはない
私自身の運転がいいかげんで
急な何かが起きた時、対処する自信もまるでない
正直・・・・・・怖・・・・・

私が免許を取ったのは十数年前、
2人の子供は小学生だった
新車のアルトが到着して、子供を後ろに乗せ
近くの友人宅まで運転することになった

息子が嬉しそーに私に話しかけてくる
そんな時娘の悲鳴に近い声

○人!、だまれ! しゃべるな!!
お母さんがぶつかったらどうする!!!

それに続く息子のお気楽な声
おねえちゃん大丈夫、大丈夫~
お母さんはじゅうぶん上手やから~

当時息子の友達のお母さんはみんな免許を持っていた
私が免許をとったことが、よっぽどうれしかったのだろう~
なぜか安心しきって、嬉しそうな息子の声に
ガチガチに硬くなっていた肩も心も
すっかり和らいでいく気がした

鍵はどこ?~Rがバックだったっけ?
見ればシフトはNに入っている
それDや・・・・・・・・・・・
不安をさらに増長させる会話を続けながら
車は走り出した
私は目をつむり、心の中で繰り返した

大丈夫、大丈夫~
まぁーくんはじゅうぶん上手やから~
[PR]
by c-obasan | 2007-04-17 09:44 | ひとり言 | Comments(2)

混色講座(4)-特徴

今日は私の混色の特徴です

アクリルはすごく発色がいい絵の具です
以前大阪の問屋でブライトイエローを手に取っていたら
ちょうどお知りあいのペインターさんが傍にいて
"あらまっ、すごい派手な色を~"っておっしゃいます
トールペインターさんの使う色って一段落ちた色(彩度の低い)色が多いんですね
モチロン私とて、派手な色は嫌いです
その派手さ、彩度を落とすのに、茶色のバーントシェイナーを使うのです

最初にトールを習った先生の選んだ絵の具の中に
バーントシェイナーがあり、よく使っていました
後日、ネットで知り合ったペインターさんが
外国でも茶色で彩度を落とすペインターさんがいると聞きました

彩度を落とすなんて、わけのわからない言葉はあっちに置いて
赤、青、黄、緑、橙の中に茶を加えてみて下さい
茶だけだと、色がわかりにくいので白も加えて~
私は見本にとりあえず、基本色の赤、青、黄、緑、橙に同量の茶と白を加えてみました、
茶が多すぎて汚くなった色もありますが
なんとなく、落ち着いた色だと、思いませんか?
余裕があれば、
少しづつ、分量を変えて(茶を少なくするとか、白を多くするとか)
作ってみて下さい
あなたが今までによく使った、近い色もあるかもしれませんね

f0014980_21235736.jpg

[PR]
by c-obasan | 2007-04-14 21:20 | カントリーおばさんの混色講座 | Comments(5)

こゆきちゃんがぼんやり~

5月の1日に「高齢者のつどい」があります
2月に引き続き引き受けしました
早い時期に何にしますかと聞かれ、苦し紛れに
チューリップのメモ立てと答えてしまいました
後から考えれば、他のアイデァも浮かんでシマッタ!ですが
印刷物も出来上がってて
もうどうしょうもありません

f0014980_8324654.jpg


今日は朝から1日、チューリップのカットアウトをしていました
今回で3回目、今までの感覚で
あまり細かなものは無理なようてす
今回も失敗の少ないステンシルを加えての作品
トールペイント、絵なのですから
絵を描くという感覚の少ない作品は寂しい・・・・
先にはなんとか、絵を描く楽しさを知ってもらえる
そんなデザイン、考えたいなぁ~

f0014980_23472100.jpg


我が家のペットのこゆきちゃん(うさぎ)
今日も私の傍を飛び跳ねて、いたずらをして
叱られてばかり~
ふと気づけば、いつも間にやら出窓に・・・・・・・
私の描いた絵の前で、ぼんやり~
今日は疲れたかな(^.^)
[PR]
by c-obasan | 2007-04-12 23:51 | ひとり言 | Comments(3)

混色講座(3)

混色の基礎の前に
もう一度、色の表示の仕方を説明します

これからの色はすべて日本語表示にします
アイボリーのみ Ⅰの英字表示になります
 I は基礎的な説明ではほとんど出番なしです

●カーディナルレッド(2077) → 赤
●ネイビーブルー(2089) → 青
●ブライトイエロー(2027) →黄
それに
●グリーンアイル(2008) → 緑
●オレンジ(2026) → 橙
それに
●バーントシェイナー(2030) → 茶
●バーントアンバー(2025) → こげ茶
それに基本の
●ホワイト(2505) → 白
●ブラック(2506) → 黒
●アイボリー(2036) → I

色の基本、作り方です

赤+青→紫
黄+青→緑
赤+黄→橙

そうなんです、小学校で習ったこの基本的なことがすべてなんです
あんまり簡単だなんて、笑ってしまうでしょう
ポンと絵の具を1本出されたらこの3つの組みあわせの
どれかの仲間なんですよ

基本色に白を混ぜてみます、色は薄く明るくなっていきます
(赤+白)→もも色(ピンク)、(青+白)→みず色、(黄+白)→うす黄(クリーム色)

2色を混ぜたものに白を混ぜてみます
紫は薄紫に緑は薄緑に橙は薄橙(はだ色)になりますね

赤、青、黄、白のこの4色ですでに12色になる
これがそれぞれの色の分量によって数限りない色になるんですから、
すごいもんですね(^^)

f0014980_11342095.jpg


私の用意している2色の組み合わせで出来る色
緑と橙は混ぜ合わせた色とは微妙に違ってきます
混ぜた色はどうしても濁ってしまいます
もっと微妙な色を作ろうとすると青+黄+茶+赤+・・・・なんて
+が増えすぎて面倒なことになってしまうのです
この色達と仲良くできたら、
3つの基本色と組み合わせた色の違いも見えてきて
その時に応じて使えるようになります
なので今は用意した橙と緑で進めて行きましょう

余談に~
小学生の絵の具の基礎知識です
肌色は(赤+黄+白)で作りますね
頭に来て、色をあれもこれも混ぜてしまうと
ねずみ色になってしまいます(^^)
パレットにいっぱい色があって、ねずみ色が少し欲しくなったら
その辺の色を混ぜてねずみ色を作ったりします
自然になってしまったのと、自覚してなったのでは違うかな?
同じかな(*^。^*)

基礎知識的に言えば
(赤+黄+青)でもねずみ色になります
でもこの配色で分量を同じにするとねずみ色にはなりません
ねずみ色を作る為にはかなり多めの青を必要とします
意識の中でのねずみ色はこれにさらに白を加えた色ですよね

(赤+黄+青)の配色では前に書いたように茶とこげ茶も作ることができます
基本的には茶を作るのには(赤+黄+黒)なのでしょうが黒を私の青に替えても
茶を作る事ができます、
青でできるということは、私の青には黒が混ざっている・・・・
ということかな~、そんなふうに考えていくと面白い~
えっ、面白がってるのは私だけ(^^ゞ
[PR]
by c-obasan | 2007-04-10 10:33 | カントリーおばさんの混色講座 | Comments(11)

またまた東京タワー

友人から借りた、リリーフランキーの「東京タワー」を
今読んでいる
私は後から本を読むのは好きではない
テレビの東京タワーを見ながら、シマッタ!!と思っていた
こんなものは、最初本から見なけりゃ駄目だった

と言いながら借りたのだからと読むのである(^^)クスッ
実に軽い文章で、
最近老眼の為、本を読む事がガクッと落ちてしまった私にも
スラスラスラ~っと読めていく

テレビでは最初の一章を見逃してしまったため
今のところは大変面白い
作者が幼い頃、いつも傍には母がいて
その母だけを頼りに母だけ見つめて生きていた
軽い文章の中に母への思いがあふれている

友人はこの本といっしょにネットで話題になった
東京農大の「生協の白石さん」を貸してくれた
これもぱらぱらとめくっている
白石さんののプロフィールは~という紹介を求めた返事に
名前、性別、好み等のありきたりの返事の中に
母の名前は崎子ですと記している
ジョークで面白く書き加えたのでしょうが
この人の心のの中に常に母がいる
この人もきっとお母さんが大好きなんだ~
立派なマザコン(^^)

関西のテレビで活躍しているアナウンサーが
リリーフランキーにインダビューをしていた
どうしてこんなもの書きはったんですか、
恥ずかしくなかったですか?
男って、マザコンだって人に知られたくないでしょう~
僕、まだ両親が2人とも生きています
この先、父が亡くなったとしたら
なんとなく、納得できる気がするんです
でもこの映画をみて母が亡くなった時を想定したら
もうどうしょうもなく悲しいのです、怖くでならない
この映画、見なけりゃよかったと思うのです

私は今まで、女に生まれてよかったと思うことがない
結婚して子供ができて
子供の未来を背負い込んで、身動きできずに
いつもしんどかった~
チャリンコの前と後ろに子供を乗せて
どこに行くのも3人ワンセット
やっと下の子が幼稚園に行ったと思ったら
送り出したとたん、泣きながら家に帰ってくる
どうして私を追いかけるの~、一人にさせてくれないの~

東京タワーを読みながら、
白石さんや、アナウンサーの話を聞きながら
女って、母って、捨てたもんじゃい
なかなかいいもんなんだ~♪なんて
思うんです(^^)
[PR]
by c-obasan | 2007-04-08 21:46 | ひとり言 | Comments(0)

混色講座(2)

皆さんは色を混ぜるときは何を使っているかしら?~

私は最初は筆の柄の先を使っていたような気がします
いつの頃からか、プラスティックのパレットナイフを常用しています
金属の物も持っていますが、
200円(定価)のプラステックのパレットナイフが1番好きです

絵の具を出すものは何を使っています?
ペーパーパレットなんて答える人は少ないのは~
だってペーパーパレットってお金がかかりますものね

1番多いのが牛乳パックとかの入れ物とか
食品が入っていたトレーとかでしょうね
私は牛乳パックもトレーもどちらも使います
でも牛乳はあまり飲まないので
今まではトレーがほとんどでした
最近、知り合いが牛乳バックなと綺麗に洗って
私の為にとっておいてくれるんですよ、ありがたいですね(^.^)

このトレーですが、
少し深さもあるので、山のように絵の具が増えても
あふれることがなく、便利です、
濃度の薄いスティンなども心配なく使えます

このトレーで絵の具を混ぜると、
金属のパレットナイフでは少しめり込むような感覚がします
だから、私はプラスティクのパレットナイフを使います
200円だというお安さなのに、丈夫で今だ壊れません
ただし先は随分摩滅して、絵の具だらけでみっともないですが、
使用にはまったく差し支えありません(^.^)

アクリル絵の具は乾くのが早い絵の具です
それが長所でも短所でもあります
よくウェットパレットって使われる方がいらっしゃいますね
市販されているものもあるし
薄いスポンジなどに水を含ませて その上にペーパーパレットの乗せて
代用することもできます

でも私はウェットパレットは使っていません
何故って~、なんとなくメンドクサイから~
メンドクサイからなんて、困ったものですが
無くなればまた作ればいいじゃない~発想(^^ゞ、
その代わりといってはなんですが、
私の教室では生徒さんに小さなスプレーを持ってもらっています
香水をいれたり、化粧水をいれたりする小さめのスプレーです
これを気がついた時にシューッと吹きかけておきます

f0014980_22234683.jpg


そうそう、これで思い出しました
絵の具は多めに出しておくほうがいいですねー、
もったいないからと少しだけ出して、少しだけ色を作ると
後で足らなくなって、またやり直し、メンドクサイ~
メンドクサイはいいとしても、なかなか同じ色ができなくて、
四苦八苦・・・・・これじゃつらいですねー
お蔭様で今の所セラムコートはお安い
1本59mlのボトルを全部使い果たすのなんて
どれだけいっぱい絵の具を使っても、なかなかできることではありません
絵の具は思い切って出しましょうね(^.^)
でもちょっとだけのものはほどほどに~(^.^)

絵の具を混ぜるのも、絵の具を入れるものも
水入れだって、これでなきゃ駄目ってものはありません
自分に1番便利なもの、各自探してくださいね

カテゴリーにカントリーおばさんの混色講座を設置しました
この講座は思い付いたままをお話しています
後で気がつけけば追加したり入れ替えたりすることもあります
最終的なものではありませんがそのつど変更はお知らせします
なんとも危ない講座ですが、それなりのお付き合いを

次は私の混色の基礎をお話しますね(^.^)
[PR]
by c-obasan | 2007-04-07 22:24 | カントリーおばさんの混色講座 | Comments(4)