あんたも気をつけてね

正月も明け、
息子は久方ぶりの大学に出掛けた
久方ぶりの大学で
同じ研究室の友人の訃報を聞いてきた
特別仲のよかった友人でもないらしいが、
顔を合わせば、雑談をする
見渡せばいつも傍にいた人
6年間、いっしょに勉強してきた人
そんな人が突然いなくなる不合理と
不可思議な現実に戸惑っている様子

彼らは今年卒業である
息子もなんとか就職先が決まった
彼もきっと同じ

ふぅーーーやっと・・・・・やっと卒業
これで教育という
親の義務がやっと終わった・・・と
私など安堵の胸をなでおろしている

これから始まる社会人としての人生に
期待をしてみたり、大丈夫かしら~といらぬ心配をしたり

彼の親御さんもきっと同じであったろう
同じ立場の人間として、
亡くなった彼を可哀想と思い、
残された親御さんの気持ちを思うとやりきれない

黒い服を着て告別式に向かう息子に
あんたも気をつけてね・・・・・・とぽつり

心からご冥福を祈ります
[PR]
by c-obasan | 2008-01-16 15:51 | ひとり言 | Comments(5)
Commented by katabami at 2008-01-17 19:20 x
うちの娘も6年間の学生生活をやっと卒業します。
同じ親としてとても残念な思いでいっぱいです。
親御さんの気持ち、計り知れないほどの悲しみでしょうね~
うちも、今は何かあったらすぐに行ける距離なんですが
今度はおいそれと行ける距離じゃないので心配です
Commented by カントリーおばさん at 2008-01-18 20:48 x
katabamiさん、若者の突然の死はやりきれないものがあります
自分と立場を同じにする人をみりとつらいですね
お嬢さんも息子もこれからいろいろな事があるでしょうが、
体には気をつけてがんばってもらいたいものです
Commented by reko2007 at 2008-01-21 14:36
c-obasanさん語無沙汰しました。お元気ですか ?
息子さんのご卒業おめでとうございます。それにしても
お友達の訃報はお気の毒ですね。娘を失いかけた敬虔
もあるれいはたまりません。

トールに一応、きまりをつけました。どこが違うの?と言われますが
絵画として長い間描いてきて、トールのオリジナルは描けません。
もう80が近いのでも自分の絵に還ろうと公民館で透明水彩描くこと
にしました。若い皆さんと仲良くしていただけて若さをいただけるし、
楽しいのですが、やはり、お歳を感じます。

同じブログなので今日書き終えたエッセー集をお暇な時読んで
くださいませ。物忘れがはげしいので、戦時中の体験の前後を
今のうちに語ろうと思いました。前から下書きはしていたのですが
この一週間に毎日、UPしました。

あの頃も若い尊い「いのち」がたくさんなくなりました。れいは体験
を書ける最後の年代ですから・・・お父様ご大切になさいませ。
Commented by カントリーおばさん at 2008-01-22 09:28 x
まぁrekoさん、ブログ復活したんですね(*^_^*)
パワフルなrekoさんのことだからきっと復活すると信じてました
今のぞいてみるともう沢山のお話が~
楽しみにゆっくりと読ませてもらいますね
Commented by たんぽぽ at 2008-01-26 19:45 x
カントリーおばさん~
またまた御無沙汰してすみません~m(_ _)m
でも、日記を見て、お会いしているので、カントリーおばさんのお顔が
浮かび、とっても嬉しいです。
息子さん、もうすぐ卒業なんですね。うちもです~
バイト。バイトで、旅行、旅行で、お金がない、ない。って言い続けて
いましたが、4月からは就職です。
息子さんのお友達が亡くなられたのですか。本当に親御さんの気持ちを想うとつらいです。
ご冥福をお祈りします・・
<< バタバタしてますが(^^ゞ 花の絵 >>