混色講座(1)

混色講座のはじまり~はじまり~(拍子木の音)
です(^^)

まず基本になる色の紹介です
赤、青、黄を色の3原色といいますが、
色には光の3原色と色の3原色があります
私の色はどちらもまぜこぜにしたような3原色です(^^ゞ

絵の具はすべて手に入りやすいセラムコート(デルタ)です

赤はカーディナルレッド(2077)
青はネイビーブルー(2089)
黄はブライトイエロー(2027)
それに
緑はグリーンアイル(2008)
橙はオレンジ(2026)
それに
茶はバーントシェイナー(2030)
こげ茶はバーントアンバー(2025)
それに基本の
白(2505)と
黒(2506)
それになぜか
Iのアイボリー(2036)

以上の10色が基本色です
出来れば蓋の上にマジックで赤とか青とか黄とか
大きな字で書いておいてください、ぱっと見てわかって便利ですよ

f0014980_2148156.jpg


この色の他に今は補助色として2色追加しています
でもこれはまた後日、説明しますね

色は必ずこの10色を揃えてください
同じように見える色でも微妙に違います
私がここで説明しても色というものは同じにはでません
ましてや違う色だと大きく混乱してしまいます
あなたの色は全部が終わってから~
そうしてくださいね

f0014980_21485312.jpg


は多少黄味に傾いています
のネイビーは主張する色で、用心して使わなくてはなりません
黄色は透明度が高く優れた色です
赤と青を替えたとしてもこれだけは替えられません
次はですが、
緑は原色の青と黄色を混ぜた色です、
も赤と黄色を混ぜた色ですね、
これはあまりに色を混ぜると濁ってくる為と
沢山の色を混ぜるとメンドクサクなるので加えています(^^)クスッ
この3原色の2色を混ぜた色を2次色と言いますが
それなら赤と青を混ぜた紫はというと
紫はありません~
私は紫が大好きです、紫は大きく分けると赤紫、青紫となります
どちらも外すわけにはいかない、どちらかを選べない~
というわけで、選択肢を自由にする為に「なし」にしました(^^)
それで、紫は「なし」です、赤と青でなんとかしましょう~

次はバーントシェイナーとバーントアンバーの
こげ茶です
この色はトールの世界ではよく使う色ですね

アクリル絵の具はとっても発色のいい絵の具です
そのまま使うとびっくりするような派手な色になります
この派手さ、彩度の高さを抑えるのに
私は、茶のバーントシェイナーを加えます
バーントアンバーも色を抑える場合に使いますが
影に使うとそれなりになんとかなる、色を選ばないすぐれ物です(^^)

、これもどうしてもいる基本色です
白は加えて行けば行くほど、明度が上がっていきます
明度なんてわけのわからない言葉を省けば
白っぽくなるということです(^^)
すごく濃い色、例えば赤と青を加えても
赤っぽい紫か、青っぽい紫か見た目では判断できません、
これに白を少し加えてください、
赤よりか、青よりか、はっきりするのですよ(^^)

次は黒ですね、
黒はちょっと困り物です、
影等、暗い色だからといって黒をまぜると、
とんでもなく汚い色になるのです
それがどうしてか・・・・・私にはわかりません(^^ゞ
でも色が汚くなるのはイヤなのでめったなことでは黒を使いません
でもね、時々あるんです、まっ黒の欲しい時が
だからそんな時にだけ黒さんと仲良くします

最後はIのアイボリーですね
この色の追加はかなり後になってからでした
常識的には基本色に加える色ではありません
なぜ進入してきたか~(^^)クスッ
作品のベースに使いやすいかなっという発想です
全体にアイボリーを塗っておけば、
なんとかなりそうな気がしませんか~

といいながら加わったアイボリーですが、
私の中ではかけがえのない色になりました
私の作品では透明感のある白い作品がけっこうあります
白、この色を直接使うと
透明度が強すぎて、色がよくのりません
そんな時、アイボリーに縁の下の力持ちになってもらいます
今の私にとってアイボリーはなくてはならない色になりました
色とのお付き合いは偶然の産物なんですねー

初回、随分長くなりました
今日は読み返さなくて、ここまま転送します

またゆっくり検討しますね、それなりに読んでください(*^。^*)
[PR]
by c-obasan | 2007-04-03 21:51 | カントリーおばさんの混色講座 | Comments(10)
Commented by よしみ at 2007-04-04 19:03 x
うふふふ
楽しい講座。もっと公開されたほうが・・・なんてついおせっかいな事を。
実は私教室の生徒さんに配った文章、サイトで公開しているんですよ。
誰も気がつかないかもと思っていたのですが、
カントリーおばさん良かったら読んでみてください。
http://www.sibagaki.com/folkart/konshoku.htm
黒の絵具はなるべく使わないようにしています。
赤、黄、藍で作ります。
こげ茶を持っている場合、それに藍をまぜます。
作ったソフトブラックの方が絵が壊れにくいように思うのですが・・・
これまで水彩も油絵も3原色と白、藍のみで描いてきたので、アクリルだけが描けないという事はない気がするのです。
難しいのは、紫系かな。
Commented by katabami at 2007-04-04 20:45 x
カントリーおばさん、始まりましたね~~
プリントアウトして保存、保存!!
じっくりと読んで頑張りますので★⌒(@^-゜@)v ヨロシクデス
これからが楽しみです!!!

横レスm(_ _)m ゴメンナサイ
よしみさん、はじめまして
よしみさんの混色講座も見せていただきましたm(_ _)m ゴメンナサイ
とてもお勉強になるので参考にさせていただいてもいいですか?
Commented by c-obasan at 2007-04-04 22:50
よしみさん、よしみさんの混色拝見しました、ちゃあんとまとめていらっしゃる、こういうものがなく漠然と色の組み合わせばかり説明してても
生徒さんは理解できないですねー、反省してしまいます。
私は日本一絵の具を持っていない講師なんですよ(^^)、だから初めから色を作らなければなりません、でも今の日本とトールペインターさんはすでに沢山の絵の具を持ってるんですね、そんな方達にはよしみさんの混色はとても役に立つでしょう、katabamiさんもさっそく今ある絵の具で挑戦してみるといい勉強になりますよ。
多めの黄色に赤、それから少し青を加えると
バーントシェイナーができますね、それにさらに青を加えるとバーントアンバーになる、そんなふうに買ってる色も自分で作れる~そんな楽しみ、多くの人に体感してもらいたいですね(^^)
Commented by joyroom at 2007-04-05 09:12
大量な絵の具を持っている私、セミナーとカリキュラムでいっぱいに増えてしまいました。
予想通り、基本の色は全部ありました(*^^)v
すごく勉強になりそうです。
これからも宜しくお願いしますm(__)m     和

Commented by mint at 2007-04-05 21:07 x
わ~、講座が始まったのですね!嬉しい~!
あれっ?絵の具箱探してみたけど色が無い~^^;
白黒の他はバーントアンバーとアイボリーだけ…
これじゃあ混ぜ混ぜして色を作ることの勉強もできません…早速購入しなくては^^
今までセラムとアメリカーナ合わせて40色、しかも混色しながら描いていました。もぅ~めちゃくちゃ~^^;
セラムのみの混色をマスターしてスッキリしたいので、カントリーおばさん大変でしょうがよろしくお願いしま~す♪
Commented by c-obasan at 2007-04-06 11:57
和ちゃん、全部そろったなんて、さすがだわっ(^^)、私絵の具持っていないから、そんな沢山の色みて見たい~、お店じゃ蓋あけられないでしょう(^^)

mintoさんはこれから購入しなけりゃいけませんね、申し訳ないないぁ。
購入ついでにウルトラブルー(2038)とベリーレッド(2056)も揃えてもらいたいなぁ~、これは補助色なのですが、mintoさんのようなさわやかな絵を描く人にはこちらのほうが重要かもしれない
Commented by mint at 2007-04-06 13:40 x
受講料も払わずに学ばせてもらえるんですもの、申し訳ないのはこちらです~!
でもウルトラブルーとベリーレッドは私の好んで使う色なのでありましたよ!^^
トールを描く時、絵の一部としてレタリングなんか描くときとかに黒はどうしても必要で使っているのですが、透明オイルカラーのブラックのようにキレイに明度をコントロールできるアクリルの黒ってないのかしらね?^^;あったら欲しい…。
Commented by カントリーおばさん at 2007-04-07 21:04 x
mintoさん、補助色の2色あってよかったにこっ
綺麗な色ですね、この2色は(^.^)
オイルカラーには明度をコントロールできる黒があるんですか
透明オイルカラー、透明水彩に似てるのかしら~?
透明水彩も黒はほとんど使いませんね(^.^)
興味津々~♪
Commented by レレ at 2007-04-07 23:03 x
おっと、3色足らない(^_^;)おしい!
私の混ぜ混ぜは、すでに混ざっている色をさらに混ぜ混ぜするので
ハッキリ言ってぐちゃぐちゃ、どの色を混ぜたのか分からなくなっちゃう…
やはり基本は原色なんですね。
この10本で描けゃうなんて…なんて素敵。
Commented by カントリーおばさん at 2007-04-08 18:59 x
3色ですか~、この中ではまあまあ~ですね(^^)クスクス
白、黒、アイボリー、バーントアンバー、バーントシェイナーなどは
みなさんほとんど持ってるでしょうね
感覚的なことに馴れると、今ある絵の具も調整することが
出来るようになりますよ(*^。^*)
<< お花見(吉野まで~) 混色講座について >>