実家には柿の木があります
30年以上も前に父が植えたもの、
この柿の木、背丈は低いくせに
横に広く伸びて、沢山の実をつけてくれます

私は柿好き~(^^)
それも硬~い柿好き~
甘さなんてなくていいんです、とにかく硬くて、シャリシャリのした
あの食感、それが好きなんですねー
結婚してからも、この柿好きの娘に
両親は毎年、柿を送ってくれました
娘の好みをかんがみて、出来るだけ熟れる前の硬~い柿を
毎年忘れず送ってくれました

父はマメな人でしたから、きっとこの柿の木の世話もしてたでしょう
でも父が死んでからは柿はホッタラカシです、

忘れられても、柿は毎年実をつけます
すねているのか、さびしいのか、
今年つけた実はちいさな小さな、小さな実

秋まっさかり、夏を思わせるような日差しの中
母といっしょに柿取りをしました

もったいないから、持って帰って、お友達にあげるね
父さんの植えた柿だら、・・・・母さん

f0014980_2224819.jpg
f0014980_22251590.jpg

[PR]
by c-obasan | 2006-10-28 22:30 | ひとり言 | Comments(0)
<< つま恋Ⅰ 人物画 >>