アンとアンディを

ちょうど3年前の作品展直前
体調をくずして、教室に来れなくなった人がいました
手術が終わってしばらくした頃、
1度出会いましたが
それからどうしているのか、気になるばかり~

作品展の案内をそーっとポストに入れておきました

彼女は来てくれました、
今は体調がもうひとつ戻りません
元気になったら、ぜったいに行きますから~と
私に向かって言ってくれた
たたかっている目をして
笑ってくれた

私はずーっとあなたを待っているのですよ
あなたが大好きだといったアンとアンディ
著作権などほっといて
あなたといっしょに描きたいと

だから絶対に・・・
どうしても、がんばってください
f0014980_21205311.jpg

[PR]
by c-obasan | 2006-10-04 20:58 | トールペイント | Comments(2)
Commented by レレ at 2006-10-05 17:15 x
読んでいて…涙が出てきてしまいました。
私は1年くらい前、少し精神的に苦しんだ時期があって
何もやる気が起きず、トールの教室へもぱったりと行かなくなりました。

あれからずいぶん経ってしまって、先生にも何となく連絡しにくい…
でもついこの間、先生から「展示会やるから見に来てね」と
電話を頂いたのです。いつもの明るい声で…。
私はとてもうれしかったのです。
うまく表現できないのですが
そのときの気持ちと重なって胸が熱くなりました。
きっと、お休みされている方も嬉しかったと思いますよ!
そして早く元気になって欲しいと思いました。



Commented by カントリーおばさん at 2006-10-06 18:44 x
レレさんも体調の悪かった時があるんですねー、いつも思いますが
健康、これほど大切なものってないんですね。

私はね、きっといつか彼女が元気になって、教室に来てくれるって
信じてるんですよ、だって描きたいなぁ~って顔してましたもん(^^)


<< 栗の渋皮煮 スパム攻撃 >>