お家の絵

生徒さんと作品展で使う
チューリップのデザインの話をしていました

チューリップだからといって
チューリップを描かなければいけないってことないんですね
チューリップをキャンバスと考えれば
その上に何を描いてもいいわけです

例えば
小さなお家なんて、可愛いかも~
そんな話をしていたら、なんだか自分も描きたくなって
ひとつ描いてみました

ところが・・・・・・・
ジャジャーーーン、うまく描けない(ーー;)

我が教室では、風景を描く人が多く
特にかっちりしたお家がいっぱいのものが人気です
私はとりあえずは講師なので
なんだらかんだらと~手は出さず口だけ出します

皆さん、すこぐ丁寧に細かく
すばらしい作品に仕上げます、でもそれは
どうも、本人の力だけ、だけのようです

どうも私はまっすぐなにキチッとした線を描くのが苦手なようです
平面にデコボコなしにべた塗りするのが苦手なようです
今更ですが、今更気づきました
これはここだけの話です(^^)・・・内緒にしてください

この流れですと、チューリップに描いた
駄作のお家をペッタンするのが相当と思われますが
写真が・・・・・ない!(^^)クスクス

作品展のはがきが出来上がりました
それをペッタン・・・・悪しからず(^^)フフッ
f0014980_21194084.jpg

[PR]
by c-obasan | 2006-07-18 21:19 | トールペイント | Comments(2)
Commented by KUN♪ at 2006-07-20 00:57 x
わぁ~! すてきな作品展はがきができあがりましたね~!
ご主人さまが応援出展というのも、愛をかんじます。
すばらしい~~。
Commented by カントリーおばさん at 2006-07-20 17:40 x
kun♪さん、ご心配をおかけしましたが、ハガキができあがりました
時間だけが過ぎていき、不安です。
紙芝居は創作紙芝居なので、絵という点ではまったく場違いではないのかもと参加してもらうことにしました
主人の紙芝居、けっこうフアンが多いんですよ(^^)
<< えもん掛け バラのスイッチプレート >>