父の13回忌

24日は父の13回忌でした


弟の家で、母と弟家族と、私達夫婦の

7名のささやかな13回忌

f0014980_16200811.jpg

平成14年、この年が終わろうとしていた

27日、父は亡くなりました


晩年の父は多少の認知がありましたが

回りの人に愛され穏やかに暮らし

幸せではなかったかと思います


母はそんな父をかいがしく世話をし

亡くなってしまうと

本来持っている、心配性や、不安感が加速され

その上に被害妄想が加わって

この13年は

毎日が不満でつらい日々だと嘆きます


この11月6日で95歳になりました


一生懸命父の世話をして、

正直に生きてきて

物語的には、母の余生

ご褒美があっていいものぐらいですが

世の中うまくいかないものですね

つくづく上手に年を取ることは

難しいものだと感じます


これ以上1人暮らしは無理だと

弟の家に同居して、ひと月経ちました

そして、13回忌


一時はどうなるかと思ったけど

なんとか、ひと月経ったよと、弟の言葉

また家にも連れて来てと私


母の喜ぶご褒美は

私達兄弟がこうやって母の事を

心配したり、悩んだり

そんなことかもしれません



大事に私達兄弟、育ててもらいました

感謝しています


弟の庭に咲いていた菊の花

f0014980_11070789.jpg

1苗植えていたら、勝手に増えたそうです

父の祭壇にもありました

ピンクに濃淡が、とても綺麗です

f0014980_11071329.jpg





ブログ村に参加しています
よかったらここ↓をボチッとクリックして下さいね

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ
にほんブログ村


[PR]
by c-obasan | 2014-11-25 13:04 | ひとり言 | Comments(0)
<< 描けないコスモス(ーー;) 11月の水彩はお人形(^^) >>