東北地方太平洋沖地震

テレビに映し出される画面を見ながら
唖然としています

大きな地震が起き
その後、海が狂いました
狂った波は、アチコチの沿線沿岸の町を
いとも簡単に飲み込んだ

人々の財産も今住む家屋も
そして、一番大切な家族も・・・・

信じられない数の不明者
もう言葉もありません

先日みつけた、Walking tour

人の死はゆっくりと1人づつ進みます

家族は家人の死を回りの人と惜しみ、
別れの言葉を告げながらあの世に送り出します

こんなに一度に
わけもわからぬままに、命を奪われるのは
前に前に進む人々の前に
突然真っ黒なシャッターが落ちたようなものかもしれない

心からご冥福を祈ります
被害に合われた方々には今は空ごとに聞こえるかもしれないが
生きていれば明日があると前に向かって歩き始めてもらいたい

行政には心優しき、力強い案内人に~
私を含めた多くの人の出来る限りの支援の手を~
[PR]
by c-obasan | 2011-03-13 09:51 | ひとり言 | Comments(0)
<< 福島原発の東電社員の人達、がん... 探しもの >>