めだかの赤ちゃん

数ヶ月前からめだかを2匹飼っている
1センチもなかったものが、もう倍以上
この2匹仲はあまりよくない
一匹は絶えず水中の見えるところで泳いでいるが
片方はいつも岩の中に隠れている

2ヶ月ほど前、友人が自宅で生まれたという
めだかの赤ちゃんをくれた、
3匹というが、2匹は確認できたが、あと一匹はわからない、
このあかちゃんめだか、最終的に一匹だけが生き残った
見えるか見えないかの大きさだったものが
1センチ弱になってきたので、
先住めだかの住む水槽に入れてやることにした

今朝水槽をのぞくと、先住の一匹が死んでいる
取り出して、よく見ると
大きなめだかと、ちいさなめだかはすこぶる仲がよい、
常にそばに寄り添って仲良く泳いでいる

これは、事件性の匂いがする、
キナくさい、犯罪の予感が・・・・・

先住めだかは二人でいっしょに暮すも、
どうしてもお互いを合いいれることができなかった
狭い水槽の中の暮らし、なげいてみたところで
どうなるものでもない
あきらめが支配する、静かな日常

ある日、一匹の若いめだかがやってきた
ポトンっとめだかが水の中に落ちた瞬間
まどろんだ水は一瞬色を変えた
水槽の中で起きた、非日常的な出来事

ある日、一匹のめだかが死んだ

フフッ
サスペンスの見すぎか~♪
[PR]
by c-obasan | 2005-12-12 16:36 | ひとり言 | Comments(0)
<< 雪でした ガスコンロ >>